Entry: main  << >>
100時間・動画FX教室
0
    次の瞬間の株価。これは、上がるか下がるかの二択、50%である。
    しかし相場に参加してポジションを持つ場合は、手数料、板、スリッページ、スプレッドなどが複雑に関わってくるために、
    勝率は5割を切る、つまり負ける確率のほうが高い、ということになります。
    ですから、株式投資を丁半ゲームだと勘違いし、何も考えずにただ漫然と買って、漫然と売ってを繰り返していたら、
    一瞬のまぐれ勝ちが続いたとしても、大きい目で見れば資金がどんどん減っていくことになるわけです。
    ですから、ここに、「相場分析」が必要になってくるわけです。
    どんな賭け事でもそうですが、絶対に勝つのは、親です
    (今、私は、株式投資のことを「賭け事」といいました。
    異論はあるでしょうが、デイトレード・スイングトレードなど
    いわゆる短期投資はギャンブル性が非常に高いのでそう呼ばせていただきました)
    http://dougaset.com/trade2.html

    資金をたくさん持っている個人投資家?
    いいえ。
    仕手筋?
    いいえ。
    答えは、取引のたびに手数料を取る、証券会社です。
    証券会社の勝率は、実に100%です。
    個人投資家が買っても、負けても、証券会社には手数料が必ず
    入るため、勝率は100%になるわけです。
    楽天証券、イートレード証券、外為どっとこむ…。星の数ほどの証券会社がありますが、
    これらの会社が躍起になって、個人投資家に口座を開かせようとする理由が、これでわかったと思います。
    個人投資家が、自分の証券会社に、どんどん口座を開いて、どんどん取引をしてくれれば、
    どんどん手数料が入り、どんどん会社が儲かる。
    個人投資家が利益を出しても、個人投資家が損を出しても、
    日経平均が上がろうが下がろうが、NYダウが暴落しようが中国市場が高騰しようが、
    証券会社は損をせず、取引のたびにプラスの手数料を得るのです。
    http://dougaset.com/trade2.html

    ネット証券が広がる以前は、株式投資といえば長期投資が主流でした。
    一度株を買えば、持ち続ける。これが当たり前だったのです。
    家にいながらマウスクリックひとつで注文を出して、その5分後に売る。そんな芸当はムリだったのです。
    昔は、証券会社に出向いての対面取引か、電話での取引でした。
    そんな状態では、デイトレードなどできるわけがありません。そのぶん、一回の取引手数料が高かったのです。
    現在は、ネット証券の爆発的な広がりによって、個人投資家が増え、それにあわせて手数料の自由化がされて、
    ずいぶん一回の取引手数料が安くなりました。
    証券会社としては、個人投資家が増えて、どんどん取引をやってくれたほうが好都合です。
    「買って、持ち続ける」という昔ながらのスタイルの投資家は、
    証券会社的にはあまりいいお客さんではないのです。
    だから短期投資家が増えてくれたほうが、証券会社にとっては好都合なのです。
    相場のトレンドが上がっても、下がっても、横ばいでも、一律の手数料が入ってくる。
    証券会社は、今後どんな暴落がこようが、絶対に勝てる、儲けを出すことができるわけです。
    http://dougaset.com/trade2.html
    | infoneed | 01:20 | - | - | - | - |

    Calendar

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    Profile

    Recommend

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode