Entry: main  << >>
英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】
0
    JUGEMテーマ:学問・学校


    英語を話せるようになりたければ、英語を話すことに的を絞って勉強をすることが一番。




    英語を話したいなら、難しい勉強をしてはいけません。
    「日本人に英語を話させる専門家」がごく少数の公的機関や企業研修でしか教えてこなかった『英語を話す3つの原則』を大公開♪♪

    ⇒ http://cart.123english.net/


    TOEICで高得点を取りたいとか、難しい英語の論文を読みたい、といった場合には、このページはお役に立てません。
    でも、もし、あなたが、
     ◇英語を話せるようになりたい
     ◇外国の人とコミュニケーションできるようになりたい
    というのであれば、この先を読み進めてください。

    「英語を手っ取り早く話すための3つの原則」をこのページにすべて書きましたので、少なくとも、今後ムダな勉強をする必要は無くなることと思います。

    「英会話スクール」とか「英会話教材」と名のつくものに取り組む人は多いですが、本当に話せるようになるのはごく少数。
    わざと話せないような勉強をしているのではないかと思うほどです。ちまたで流行っている勉強法を見てみると、ただCDを聞くだけとか、ひたすら音読しろ、だとか、かたよった方法ばっかり。

    もちろん、それだけを愚直にやっていればしゃべれると言うのなら、そんなにラクなことはありません。しかし、英語教育の資格を持つネイティブの目から見ても、それで話せるはずがない・・・。
    なぜなら、英語を話すのに大事な要素が欠けているからです。

    ⇒ http://cart.123english.net/


    あなたはリスニングができればいいのですか?話したいんですよね?
    それならば、自分で明確な方針を持って参加しない限り、「話せるようになる」という意味では、まったくもって意味が無いと言えるのです。

    「話すための英語」の指導者として、密かに口コミで話題となっている人物。それが、知る人ぞ知る、スティーブン・ベラルディ氏です。
    スティーブン先生は英語教育の資格であるTEFLを終了し、日本語検定1級を取得して日本で英語を指導してきました。

    外国人として客観的に日本人の英語力を見ることもできますし、日本の英語教育の不十分さや日本人の「英語コンプレックス」もよくわかっています。
    つまり、自分で外国語を身につけた経験もあり、日本人のコンプレックスおよび強みや弱みをわかっていて日本人が英語を話せるようにするエキスパートだということです。

    客観的に見て、今この文章を読んでいるあなたなら、もう少しで英語が話せる位置にいるはずです。なぜなら、日本人であれば、「なぜ、話せないんだろう?」と思うほど高い英語の基礎力を持っているからです。

    「いえ、私は英語が苦手で、基礎力なんてありません・・・」なんておっしゃるかもしれませんが、心配要りません。なぜなら、「英語を話す3つの原則」にしたがえば、あなたも英語が話せるようになるから。

    この、シンプルかつちょっと意外な「3つの原則」にのっとれば、英語を話せるようになるはずですし、経験的に言っても、それは確かです。

    ⇒ http://cart.123english.net/
    | infoneed | 01:17 | - | - | - | - |

    Calendar

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    Profile

    Recommend

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode